なぜ?情報編集力が必要なのか。

 

なぜ、情報編集力が必須のスキルだと言われるようになったのか?

この答えは、簡単です。

ビジネスに必要な論理力や創造力、そして課題発見力や企画力、会議運営力、組織運営力などあらゆる活動の基本となるスキルだからです。つまり、仕事のできる人は高い「情報編集力」を備えているということになります。

 

さて、上記のリード文で何が分かったでしょうか。それぞれあると思いますが、ここでは文章構造の点から紹介してみましょう。

「なぜ?必要か」というA.入口(問題提起)と、「仕事のできる人が持つ基本的スキル」であるというE.出口(結論)は見えました。これで「なるほど。そうなんだ」と決めつけて、さっそく知ったかぶりをして同僚に話をすると、「具体的にどう活かすんだ」「どうすれば身につくんだ?」という問いが返ってくるでしょう。

 

 ・A.休日はリフレッシュを兼ねて野外バーベキューをしよう⇒入口(問題提起)

 E.実際に野外に出かけてバーベキューを行った⇒結果(結論)

 

AEで表記していますが、これは間違いではありません。この間のB.C.D.が情報編集力を考えるうえで重要なポイントでもあるのです。まだ、この段階では思考イメージも曖昧で、しっかりと目に見えていないでしょう。

B.C.D.は、ひらめきから思考を詰めていく段階で浮かび上がる、個人の意思に基づいて集められる情報(さまざまな要素)なのです。

暑いからという理由であまり乗り気でない家族を説得するためには、「この日を逃したら、1か月先になる」「森林のリフレッシュ効果は〇〇」「ネット通販でこんなお肉を見つけた」など、さまざまな都合の良い情報を集めて、野外バーベキュー当日のイメージを創造させる努力をするでしょう。

計画を実行するリーダーは、日常生活のなかでも隠れた情報をピックアップして最適な物語を作っているのです。もう1つ隠れた重要ポイントは、基本的に「〇〇を喜ばせたい」という情熱があることも添えておきます。

 

新聞de元気山口編集Laboが独自に構築した情報論のなかで「情報とは他者も自身も幸せになる価値」と定義しているのは、基本的に、情報発信者は受け取る人たちがハッピーになることを想定して、その笑顔を見て自分の喜びにするという図式が成り立つはずです。これが、善良な企業(企画者)と悪徳企業(詐欺師など)との大きな違いです。

 

〇計画の背景にある曖昧な概念とは?

では、なぜリフレッシュにバーベキューなのでしょうか。自然の中のリラックス効果なのか、近くに手ごろなオートキャンプ場が完成したのか、行動(出来事)を思いつきに至った経緯があるはずです。日頃からキャンプや山歩きを楽しみ自然の環境で過ごすことの効果を知っているからかもしれません。

野外バーベキューの発想には

 ・個人的な趣味

 ・ニュースなど外部情報(トレンドやデータを含む)が気になっていた

 ・曖昧な目標として野外バーベキューをしたいという願望があった

などが影響していますが、これらは「Aの問題提起」の前にある曖昧な潜在意識が影響しています。

 

〇具体的な行動計画がなければ動かない

次に、野外バーベキューに出かけるためには準備が必要です。備品や消耗品はもちろん、お肉や野菜を用意する必要があります。いつ、どのぐらいの予算でどのぐらいの量を確保するべきなのか、参加人員によって違います。出発時間などスケジュールもある程度決めて、予約も必要になるかもしれません。家族で野外バーベキューに行くこと自体は簡単なことですが、準備段階には様々な要素が複雑に絡み合っているものです。通常は単純に頭のなかでイメージして決めているでしょう。

出来事(イベント)を楽しく有意義なものにするためには、企画者は大変な苦労をしているのです。

 

〇どういう成果を得て、次はどうしたくなったのか?

さて、もう1つ必ず行っている思考作業があります。計画を立て、準備をして、実行しました。そこには肉が足りなかったなど、さまざまな検証材料が出てきます。「次は、お肉のほかに海鮮も用意しておきたい」「フルーツもあったら良かったかも」「親しい知人と一緒に開催してみたらもっと楽しいかも」など、さまざまな目標が出てきます。反省し、次の目標を描いて、改善したイメージを広げる。これが、企業活動におけるPDCAと同じということになります。

 

〇情報編集力とは何か?

目的を持って1.企画し、曖昧な概念など背景にある思いや根拠としたデータを選び出して他者にも共通理解できるよう2.根拠を見える化し、全体を組み立てて3.個を反映させた物語を作り上げること、そして実際の4.行動を現場でコントロールすること。最後に、5.物事を評価・検証し次の方向性や可能性まで確認する行動モデル、これらの行動の支えになっている「創造力と行動力が情報編集力」というわけです。

 1.企画(個の思考もしくは社会性から浮かぶひらめき)

 2.根拠の取集と見える化(仮説に基づく収集になるため客観性が求められる)

 3.全体のシナリオを作る(論理的な組み立てと思いを見える化する具体的な演出手法)

 4.行動を管理する(組織マネジメント)

 5.検証しPDCAを行う(

 

〇情報編集力を鍛える簡単な方法とは?

以上の解説で、ある人はピンとくるかもしれません。「論理的」「仮説思考」「客観性」「PDCA」など、ビジネスの現場で頻繁に登場するキーワードがどんどんと出てきています。これをもし、第三者として見るとどうでしょうか。今度は、曖昧な情報を理解し共通理解するために「質問力」という側面が伴ってくることがわかります。

 

結局、企業や組織のなかで仕事のできる人はみな、高い情報編集力を備えていることになります。普通の人が情報編集力を身につけることは簡単ではないような気がしてきました。では、本当に難しいことなのか、次のページで詳しく解説していきましょう。

販促ツール内製化は社会性の中から潜在能力と潜在ニーズを引き出すこれからの成長を生み出す情報戦略の基本!
企業研修&個人のスキルアップ・就職活動でライバルに差がつく情報編集力を身につけよう→個別対応講座はこちら

企業活動に求められる情報編集力とは?

情報編集力はこれからの企業発展に不可欠のスキルだと言われています。 新聞de元気山口編集La★boはその理由を「創造と開発(商品・サービス・業務)」にあると明記しています。つまり、社員が作業(オペレーション)以上に企画立案と営業推進にその能力と時間を使うようになるという考えに基づいています 働き改革で在宅勤務やサテライトオフィス勤務が普及するでしょう。

一方で、大型店やスーパーでは商品補充というオペレーション作業が欠かせません。物流では運転業務もあります。こういったオペレーション作業はある面でアルバイトやパート社員が支えるようになります。時給800円のパートと、時給換算で3000円の社員が同じ作業をすることはありえません。この二極化は今後も拡大し、定着します。
新人のパート社員でも3か月すれば戦力になります。

しかし、企画部門はそうはいきません。なぜでしょうか?
 1.高度な知識と経験(=現状診断)
 2.高度な情報編集力と企画実現力(=論理的根拠と可能性の創造)
 3.高度なコミュニケーション力(=共有化とコミュニティ運営)

  などが必要となるためです。
新たな商品やサービスを生み出しビジネスとして成功させるためには、基本的なスキルとしてこれらの時系列の流れを論理と仮説と創造で組み立てる情報編集力が不可欠なのです。

ビジネスコンサルタントの基本の論理的思考法は図解思考で身につく図解ステーション

●コンサルタントへの道はまずライティングスキルの確立から

企業が運営するメディアのWebコンテンツの目的は「検索(SEO)対策」に尽きます。来訪者を増やすことによって「広告収入(アフィリエイトを含む)の獲得」「インサイドセールスへの誘導」「ネットショップ(LPページを含む)」の売上を増やすことにあります。
基本的には、掲載情報についてはどうでも良いというのが本音なのですが、SEO対策の中で「情報の質」「情報の量」「滞留時間」が影響するため、おのずと高いレベルの記事が必要になります。同時に最近は、「オリジナリティ」も重視されるため、質の高い記事を書くライターの需要は高いと言えます。

年間100万円稼ぐWebコンテンツライターの実践ライティングスクール



●印刷営業は厳しさをますばかり~それでも勝ち抜くオンリーワン経営はこちら

印刷営業のしくみを作り上げる具体的手法をご紹介します。設備投資は0円、コンサルティング料金もほぼ不要で、30日もあれば大手企業にも堂々と売り込みができる営業モデルが完成します。

印刷会社の新規顧客開拓営業~情報編集に特化したインサイドセールス

●オンリーワンサービスがあれば広告主となり数百の販売員にサービスを売ってもらうことも

週刊大人の思考空間
週刊大人の思考空間は安全で豊かな暮らしにつながる情報の提供とともに、企業や専門店向けにニーズの掘り起こしのヒントを提供します。
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

口コミ発生学タイトル

口コミ発生学
販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント(研修堂講師登録)



新聞de元気ネット印刷発注マニュアル






●編集のひろば ■編集のひろば(組織・企業・個人) ●能力開発 ■大人の思考空間~書斎で脳トレーニング&潜在能力開発 ●起業 ■masayas-styleコンサルタント起業 ■もしもドロップシッピング&アフィリエイトで稼ぐ5つのポイント 年間100万円稼ぐWebコンテンツライターの実践ライティングスクール ■通勤講座でコンサルタント起業 ■在宅起業も地方企業の東京支社開設~バーチャルオフィス活用法 ■初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル  ●就職・転職 ■新聞de元気ジョブネット ■広報・販促企画部門&マスコミへの再就職をめざす女性のPC情報編集スクール ■オンラインPCスクール~再就職面接を勝ち抜くPCスキル10選 ■在宅主婦の副業ネットショップ~0円でできるネットショップ   ●コンサルティング ■販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント ■図解ステーション ■8時間でわかるWeb制作とコンテンツマーケティング ■印刷会社の新規顧客開拓営業~情報編集に特化したインサイドセールス ■専門店のインサイドセールス~ホームページ営業と口コミのしくみづくり ■日報で圧倒的な営業力を身につける5つのポイント~情報共有と情報編集力 ■店舗看板専門店 Produced by wowma ■人材活用のコツと人材育成モデル ■個客満足度向上で売上を増やす5つのポイント~CS調査の方法とアンケート項目 ■もしもアフィリエイトの広告主に無料登録~アフィリエイターを育てて販路拡大 ■情報編集力の鍛え方~ビジネスマンに求められるビジネス編集力10選 ■リーガル119なら簡単~弁護士・司法書士・行政書士の新規顧客開拓 ■口コミ発生学~来店客が減ったときにできる簡単な3つの口コミ戦略 ■会議運営のコツとファシリテーション技術の鍛え方 ■図解思考の技術~あたまが良くなる・企画力が高まる図解思考セミナー   ●経理・会計業務・管理業務 ■小さな会社と専門店の経営戦略(選択と集中) ■弥生会計~個人事業主&小規模事業所の決算会計 ■ネット印刷
Copyright ©週刊・大人の思考空間~新聞de元気山口編集La★bo All Rights Reserved.