販促ツール内製化プランナー養成講座(個別対応)画像

販促ツール内製化プランナー養成講座(個別対応)

商品コードA000000004
メーカー名新聞de元気山口編集La★bo(大人の思考空間)
価格108,000(税込)
数量  

広報資料も企画会議の運営もWeb制作も記事執筆も30日で身につく


〇販促ツール内製化とは?

パソコンを使い自社で販促ツールの編集と印刷(プリントアウト)を行う販促ツール内製化ですが、これまで言われていた「経費削減」だけがメリットではありません。

本当のメリットは、企業や組織体がめざす「創造と開発」を実現するスタートにあります。

その前提として「情報の共有化」があり、結果として「組織活性化&と自己実現」があるるわけですが、販促ツール内製化はその3つのステップを実現する重要な効果をもたらすことは、あまり知られていません。


〇販促ツール内製化の編集作業とは?

 ・チラシなどのDTP作業

 ・Webコンテンツの設計・執筆

が挙げられます。この基本スキルが「情報編集力」です。

現在、ネットビジネスで熱く語られるWebコンテンツの世界で特に「情報編集力」に注目が集まる理由は、ストーリーの創造と検索キーワードを意識したコンテンツの展開です。


〇個の創造に基づく到達点は社会性の中にある!

少し飛躍しますが、コンテンツマーケティングはWebで情報を発信する側の「検索対応」の1点に絞って情報コンテンツが組み立てられてきました。しかし、これからは少し違います。

もう1つのポイント「共感重視」が指揮者の間では語られるようになっています。検索対応によって発信者側の利益を重視したコンテンツから、同時にお客様の求めるニーズにより「寄り添う」必要が出てきたのです。理由は簡単!検索対応重視だけの限界が出てきたのです。ここでいう限界とは「発信者側の集客力・販売効果」という意味です。

そこで、いわゆる販売促進の面だけで見れば、お客様の潜在ニーズをさらに掘り下げる必要が出てきました。それが、新聞de元気山口編集La★boが提唱する「セルフスタイルッドマネジメント」です。いわゆる、自我を満たすニーズを提案し、その提案に対して共感していただけるお客様とのコミュニティを強化しようというマーケティング手法です。


●販促ツール内製化プランナーとは?

販促ツール内製化のメリットは 

 ・経費削減だけではなく

 ・お客様の自我にアプローチして潜在ニーズを掘り起こす

という役割を担う、これからのマーケティング手法の重要な考え方になってきています。

そこでクローズアップされるのが、

 ・発信者側にある個の情報編集力

 ・お客様の自我を満たす情報編集力

ということになります。この2つを満たす「情報編集力」こそ、冒頭で紹介した

 ・情報の共有化

 ・創造と開発

 ・組織活性化(組織内とお客様とのコミュニティ)

効果につながるスキルなのです。情報編集力とは、単なるDTP編集・Webコンテンツ編集にとどまらず、情報編集の考え方をロジカルに整理すると、自己にとってもお客様にとっても大きな目標への入り口にある情報編集作業ということもできます。


●講座はすべて実践形式で

具体的な編集作業と情報編集をビジネス編集力に応用するロジカルな時系列の取り組みとして理解

企業や組織活動は、情報を伴うコミュニケーションによって成立しています。たとえば企業広報も、メディアを通して広く世間に価値を拡散する作業です。その広報活動に求められる情報も、共有できる情報として編集して発表しなければ、どういう内容を伝えたいのかが曖昧になります。

販促ツール内製化プランナーは、こうした

 ・情報をロジカルに理解

 ・情報をロジカルしかも時系列に組み立て

 ・共感から利益を生み出す情報編集

にする編集作業をリードする役割を持ちます。そして、

 ・情報共有化

 ・創造と開発

 ・組織活性化

に向けた情報編集をリードする、ビジネス編集力のスキルを備えた情報編集リーダーです。


講座では、実践的な編集作業を通して、

 ・企業面接で勝ち抜く頭ひとるリードしたプレゼンと自信

 ・企業に入るとすぐに企画広報や営業戦略をリードできるスキルの習得

を30日で身につけます。


●個別対応だから希望を考慮した個別講座として開催

 ①受講生の意向を尊重してヒアリング後、1枚の講座設計図を用意します。全体像をイメージ。

 ②共有するための情報の基本構造(3タイプ)を理解します。

 ③DTP&Webコンテンツを実際に作ってみます。企画から情報の設計と執筆。

 ④会議運営手法を課題に沿って資料を用意すると同時にビジネス編集力の実践スキルを習得します。

 ⑤ビジネス現場で即戦力となるイメージの確立と面接対応用の資料を作成します。


講座修了後、面接や入社後のフォローは、めるまが「大人の思考空間」や個別のメール無料相談などで対応するので、安心して希望の企業にエントリーできます。

新卒はもちろん、転職にも有利になります。





情報編集リーダーとして企業広報から宣伝企画、Webコンテンツ設計・管理、企画会議のコーディネーターとして活躍できる実践力を身につける講座です。

大企業でもビジネス編集力を論理的に理解し、体系的なロジックとして見える化して理解している人材はほとんどいません。就職面接でも販促ツール編集やWebコンテンツ制作の実践経験(講座で制作)者としてアピールできます。

基本は「A4×1枚で情報を考える」ことができるようにすることと、時系列のシナリオが創造・構築できる情報編集力。さまざまな場面で情報編集リーダーとして注目を集めることができるようになります。


商品説明

ニーズが拡大し続ける販促ツール内製化プランナーになろう!


企画・宣伝・チラシデザイン・広報・Webコンテンツ・Web制作の基本・会議運営・などビジネス編集力を活用できる実践力を個別対応で習得できます。 学歴よりも実践力!面接でアピールすればライバルに勝つこと間違いなし!

オールマイティな即戦力として、企業内の情報コーディネーターとして活躍できます。



 ①企画・広報・販促・営業部門に必要なPC編集スキル

 ②Webコンテンツ設計とコンテンツ記事の執筆スキル

 ③会議運営・日報評価など社内情報編集リーダーのスキル


の3つのスキルの基本と実践力を身につける情報編集実践講座です。(予定期間30日)

(受講期間は無料延長可能)すべて個別対応で実践形式で編集スキルを身につけていただきます。



経験がない女性でもプロの編集者になれます。「プロの編集者」というフレーズを使ったのには理由があります。
世の中に自称ライター(編集者)はたくさんいますが、実際に利益を生み出すWebコンテンツの編集という分野で必要とされている、一流雑誌のように高度な内容をきちんと理解し特集を組むレベルの編集者は限られてきます。そうした企画や構成の設計、記事執筆、さらにWebデザインやDTPまで含めて全体を組み立てるスキルが必要となり、プロといえるWebコンテンツの編集者は限られてきます。特に地方都市では、意識して学習や経験を積む機会を持たないと人材は現われてきません。その理由を2つ挙げてみましょう。

1.地方の編集関連企業はデザインを重視する
一言で言えば、デザイナー重視、営業マンは提案重視です。検索ワードを重ねたコンテンツの大まかなガイドラインはイメージできても、実際の企画・構成・記事執筆の経験は不足しています。

2.Webやプログラミングに特化する企業もコンテンツまで手が回らない
一言で言えば、技術重視。プログラミングなどテクニカルな部分は強いのですが、同じロジック思考を持っている技術者でも物語を作る情報編集力という創造とは少し思考の方向性が違います。ここでも実際の企画・構成・記事執筆の経験は不足しています。

これらを埋める方法はクラウドソーシングによってある程度解決するのですが、「依頼」をするためにも具体的なコンテンツの企画や構成をしなければ、ただ「こういう内容でお願いします」といっても思うような記事を書いてもらうことが難しいという問題点が出てきます。やはり、自らコンテンツを企画し、調査し、整理して情報を組み立てる、いわゆる情報編集力が必要となってくるのです。

前述した「雑誌編集のスキル」を未経験の人がこれから経験することはなかなか難しいし時間もかかります。このスキルを経験とともに体系的に身につければ、Webコンテンツを中心としたマーケティング業務を担えるコンテンツプランナーとして活躍することは意外と簡単にできるのです。
 1.明確で楽しい将来イメージを想像するスキル
 2.コンテンツを企画するスキル
 3.コンテンツに物語を組み立てるスキル
 4.記事を書くスキル
 5.Webサイトを作るスキル
5つのスキルを具体的に実践経験を積みながら学習できれば、スタートできます。ただし、ステップアップするためには「もう考えたくない」と思うほど、
 1.長い文章も書けるようになる
 2.難しい内容を膨大な情報をもとに理解する苦労が求められる
 3.クライアント獲得をする営業戦略も行う必要がある
といった苦労も多い世界だということも知っておきましょう。

ただし、この分野は他社がなかなか追随できないマーケットなので、実績を重ねるごとにマーケットはどんどん拡大していくことは間違いありません。
 1.体系的な理解
 2.実践的なWebコンテンツ編集経験
 3.スキルを裏付けサービスをWebサイトを使って売れるようにする営業資料
この3つを短期間で習得し、すぐに営業活動を開始しましょう。同業他社がまったく手が出せない独自の営業モデルが完成します。

Copyright ©週刊・大人の思考空間~新聞de元気山口編集La★bo All Rights Reserved.